天地人たるべきあり方喜博2017.6.28.

シルバーあさみさん。
言葉にならない驚愕至上の地球アセンションセミナー、誠にありがとうございました。

なぜこんなギリギリの世界になってしまったのか。
またこのギリギリの世界で生きているからこそ、天地人として何を選択し、何を実際の行動にうつしてゆくべきなのか。
そのあり方が至上命題となってきている今日。この次元の期日に開催して頂ける、地球アセンションセミナー。
誠に尊くありがたく(有難く)、極みの時間として毎回精進させて頂いております。拝。

社会においてなぜ、目を覆い隠したくなる問題が多発するのか。
偏見、自身の固定観念に対しての捉え方を知らない、更には(守秘事項ですが)
解放の仕方を知らない方々はそれこそ大変ですが、残念ながら結果は、鈍感では許されない世界となってしまいました。

映像においても、メディア情報においても、操作の擦り込みがなされていることにすら気づかない。
(気づけない。又は気づいても受け入れない。受け入れられない。)この鈍感さにより、
危険な方向へ危険な方向へ流されてしまう。(または流される方がよしとしてしまう。)

悪い出来事というのはこのような時に発生し、起きた事象が自身のエゴにより更に更に泥沼化。
最後には身動きできなくなってしまう。なんと多くの人々が、ハマりきり、苦しみもがいていることでしょうか。
いよいよ魂を磨くこと自体が、至上最優先命題となってきたことを常時感じる次第です。
ただ必然と集われた魂の同志の方々は流石でした。

昨今、自然事象の脅威?(そもそも脅威かは分かりませんが)等が、話題となっているようですが、
同志の方々は恐らく、何が起きようが、ただ「ありのまま」に捉えるだけ。
日常から業界、組織、学校、家庭において大活躍されているようですが、「ありのまま」「必然」「境界線」を
極めていらっしゃられるお一人お一人はまず、あり方が抜群にちがう。
必然と各所属の 第一線において日々、精進。そしてミッションの下、命を使われていらっしゃられるのではないでしょうか。

クリスタルの階段。クリスタルの無限大を背後に、シルバーあさみさんの光背から
目からお一人お一人を引き上げる黄金の糸束。
シルバーあさみさんは天使の羽を大きく広げて黄金の光に包まれていました。
天地人となるべく地の作業として、しっかり受け取り、そして道を歩んでゆく。
その裏表のない、誠実なあり方。まさに覚醒道における精進の賜物ではないかと確信できた時間でもありました。

覚醒道からは物理的な年収飛躍。昇格。昇給。左目大解放。パートナーシップ。
様々具体的なものを頂きました。が、この度の地球アセンションセミナー冒頭でお見せ頂きました、奇蹟の星、地球。(本当に美しかった!)
この美しい世界がなぜかギリギリの状況となってしまいました。
ここにおいて、今こそ、精進してきたお一人お一人。営利主義から誠実選択へ。
妥協から追及へ。他人事から自己責任へ。これらを本当に貫けるのか。
お一人お一人が貫いた先にこそ光があり、アセンションがあるのではないでしょうか。
極めて研磨された倫理観と本物の使命感があってこその御存在のなせる業ではありますが、
地球を愛の星にする主軸、ミッションの下、私達も精進の道を貫き通します。

コメントは受け付けていません。