夏至の遠隔伝授・とてつもない光の束が…万佐江2018.6.25.

シルバーあさみさん
尊い光の遠隔伝授を賜り、有り難うございました。
始まってしばらくすると椅子に座っていられなくなり、
布団に仰向けになると程なくして眠ってしまいました。
明け方起きたときフラフラし、
とてつもない量の光の束が体に入ったのを感じました。
体は、内蔵も骨もなくなって光だけになったような爽快感があり、
天地貫く太い光の柱を感じました。
顔も少し引き締まったような、違う自分を感じました。
翌々日も戸外で1日中立っていたのですが、
水を飲んだり休憩するとすぐに切り替わり、
エネルギーが蘇ってくるのがわかりました。
驚くべき肉体の進化です。
地球の次元上昇とともに起きる自然と人工の現象の中を、
地球使命で行動するために、密度濃い光の束を有り難うございました。
622明けの次元上昇とともに、更に意識と肉体を極め続けて参ります。

コメントは受け付けていません。