両親共に語り合えました美保2015.8.17.

シルバーあさみ先生

いつも覚醒道(R)にて愛をくださり、誠にありがとうございます。
8月8日の大切な期日を過ぎ、世間がお盆休みで賑わっている最中、
静観して平穏に過ごせていますのも、覚醒道(R)の学びがあってこそです。
パートナーも通勤ラッシュに合うことなく仕事に集中させていただきました。

その中で、昨日、私は実家の両親を訪ねました。
二年前、母にとって実母の祖母を、
今年は最愛の妹の叔母、
従弟の叔父を立て続けに亡くし、
心身共に弱ってきていましたので、
様子を見るのを兼ねて、お参りに行きました。

大変喜んでくれ、しばらくは故人の話に花が咲き、
更に私のまだ知らない親族の話をしていました。

「3世代のカルマ」を終わらせることの大切さ・・・
そう思った時でした。

ふと、母がシルバーあさみ先生の
カレンダーの話をしだしました。
「わかりやすくてためになるのよ。ありがとう。」
そして、
「魂が覚醒する気づきの法則」等、
書籍もとてもわかりやすくて
スイスイ頭に入ってきたと、話してくれました。

パソコンを持たないのでプログを知らず、
タブレットを持って行き、プログを見せました。

母が疑問に思っていた
社会事象等の事を書いて下さっていたこと、
言葉、日本語の大切さ、文学の大切さ、
親子の関わりの記事に頷いては共振していました。

すると、側でいつも黙っている父が加わり、
「日本語の言葉は言霊があるから。大事な事なんだ。
シルバーあさみ先生は大切なことを伝えてくれているんだなあ。」と、話しだしました。

挨拶の大切さ、言葉の語尾の大切さ、
人間は母親の影響が大きいこと、
自分の家(小宇宙)がうまくいって無いと
何も始まらないこと等、
父が珍しく中心に話していました。

自分と同じことを言って下さることに
感銘を受けていました。
「シルバーあさみ先生はすごいな・・・。」

今まで耳を貸そうとはしなかった父でしたが、
昨日は、自ら乗り出して、
楽しく熱く覚醒道(R)の話が出来、
時間を共に過ごせたことで、
私自身の僅かにある両親に対する因を
解放できたと実感致しました。

何より終始「境界線」を保てたことは
大きかったようです。

「来てくれてありがとう。」と
両親に見送られ、帰路に着きました。
「改訂版 『いろは歌』幸せを呼び込む『心磨き』」を手渡してまいりました。

時計を見ると、時間があまりたっておらず、
その僅かな、温かな時間を、両親と深く語り合えたことに心より感動致しました。

シルバーあさみ先生のお話をいつか地元で聞けますのを、両親が楽しみにしております。

私も日々の積み重ねを大切に、取組んでいくことを新たに決意した1日でした。
シルバーあさみ先生、誠にありがとうございます。

コメントは受け付けていません。