一族の命を救う感謝ノート桃子2015.6.24.

シルバーあさみ先生、覚醒道に関わる皆さま、いつも誠にありがとうございます。
父の日がテーマの、気づきのカフェ、拝聴しました。
深く、魂が共振するお話でした。
地球上で生きていく上で、父の存在を尊重し感謝する重要性を改めて認識しました。

さきほど姑から電話がきました。
「先日息子が帰省してきて、感謝ノートをくれました。
息子は、本来の優しい頼もしい男になっていました。
覚醒道の教えのおかげです。
あなたと結婚したおかげです。
ありがとう。
2人の姉たちも、父への感謝ノートを読んだの。
2人とも泣いたの。
私も泣いたの。
お父さんありがとうって。
実家を出て帰っていく息子の後ろ姿に、
私、手を合わせたの。
素晴らしい教えをありがとうって。
私たち家族にたくさんのことを気付かせてくれてありがとう。
素晴らしい先生に出会って、
残りの人生心美しく生きていきたい。
これから覚醒道を一生懸命学んでいきます。
元気になったら孫たちの顔を見に行きます。」

大正、昭和初期に生まれ、誠に生きづらい、壮絶な戦時中を体験され、戦直後を平成まで生き抜いたご両親。
何十年も続いた不調和、家族の誰もが心安らぎたいのにどうしたらいいか分からない。
私も結婚以来、ご家族の歴史を見聞きしました。
この両親への感謝ノートが、一族の意識を紐解きました。

「もっとこうしてよ」
「何で分かってくれないの」
という言葉ではなく、
素直な「ありがとう」、感謝と尊重心だけが、
固く閉ざされた心の扉を開けるのですね。

一族の命が、覚醒道によって、こうして救われる。
高次元の奇跡を目の当たりにしました。
深く、深く、感謝申し上げます。
私は、愛と尊重、人の生きる道、覚醒道を一人でも多くの方にお伝えします。

コメントは受け付けていません。