「TPS」の活動により救われた命亜子2018.7.12.

シルバーあさみ様

いつも有難うございます。
今回の豪雨に関して
無被害であった奇跡の理由として
「TPS」の草の根活動があります。

核のない世界、
原発のない安心な日本がいいと
思いや祈りだけでは
現実は変わらない事を
シルバーあさみさんからの
生き様から学びました。

そして、
変わらないとあきらめたり、
この世界を嘆くよりも
1人1人の草の根の行動を
実際に起こせるシステムが
「TPS」の土台としてありました。

初めての事なので、
初めは行動する勇気が必要でしたが、
実際に活動することにより、
人と人が繋がる事の大切さ、
挨拶やありがとうという言霊が
地域を明るく変えていく事を
実感しています。

「TPS」の活動により
今回の豪雨を回避できた現実結果を
目の当たりにし、感謝と共に
他人事ではいけないと
身の引き締まる思いです。

そして、
1人の小さな勇気と行動が
必要であると知りました。

これからも、
出来る事積み重ねていきます。

九州には6基の原発があり
その地域に大洪水があった場合
大被害も予測されます。

今回、シルバーあさみさんが
発起人として「TPS」という
活動の場を構築して下さった事に、
豪雨を免れた現実の結果として
草の根活動の有意義さを
必要性を感じ入る次第です。

コメントは受け付けていません。